http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000708.html

既存建築物ストックの有効活用を推進する為、現在の規制を見直しする閣議決定がなされました。どれも重要なのですが、中でも注目なのは、戸建て住宅に関してです。

(2) 既存建築ストックの活用
[1]   戸建住宅等(延べ面積200㎡未満かつ3階建て以下)を他の用途とする場合に、在館者が迅速に避難できる措置を講じることを前提に、耐火建築物等とすることを不要とする
[2]   用途変更に伴って建築確認が必要となる規模の見直し                                                                                                                                         等

小規模シェアハウス等への転用運用を得意とする弊社ではこの部分は見逃せません。
今まで100㎡未満であれば用途変更を不要としていたものや、2階までといった話が、この案が施行されれば200㎡までと今までの倍となり、収容人数を増やしたシェアハウスへの転用への可能性が広がります。今後の動きに注目ですね。