外国人にお部屋を貸すならアクシズポイント

民泊補償の加入申し込み

  • HOME »
  • 民泊補償の加入申し込み

民泊ホストの中には、賃貸マンションなどを借りて仲介サイト(Airbnb、自在客など)で民泊を運営されている方がおられます。
賃借人などが加入する火災保険は、あくまで一般住宅用の火災保険(約26,000円/2 年)となっており、
不特定多数の人に反復継続して宿泊させる民泊物件は、住宅としては扱われません。

民泊物件は、事業用途としての「一般物件」や住宅用途と事業用途を併せ持つ「併用住宅物件」
という扱いになりますので、一般住宅の火災保険では用途違いで保険が適用になりません。住宅の用途は大きく分けて2つあります。一般住宅用途とホテル又は旅館の違いがあり、賃貸住宅の火災保険に加入していても、保険金が出ない可能性が非常に高いのです。
高額請求などのリスク回避のためにも

民泊物件補償サービスへご入会ください

現在、民泊は来年できあがるであろう民泊新法を待っている最中ですが、
運用の日数制限が最大で180日までと規制が入ることが決定しています。

※Tokyo Room Finder(東京ルームファインダー)外国人利用率No.1の外国人向け賃貸紹介サイトです

補償制度の概要

 

本会の「会員補償制度(以下、本制度)」は会員個人が保険会社と契約するもではありません。
本会員が運営する宿泊施設の管理に起因して法律上の賠償責任が発生した場合に、株式会社アクシズポイントが賛助会加盟している一般社団法人民泊民宿協会(以下「協会」という)が現代海上火災保険株式会社(以下「損害保険会社」という。)と包括契約している賠償責任保険により損害保険会社から支払を受ける保険金全額を、協会を通じて会員へお支払する制度です。
また、万が一、施設オーナーまたはゲストから業務に起因する内容に関し、別紙会員補償内規の対象となる民事訴訟を起こされた場合の弁護士費用も対象となります。

補償の最終引受先は”現代海上火災保険株式会社”(http://www.hdinsurance.co.jp/)で安心です

本制度により補償される事故例

section8
section9section10section11

株式会社アクシズポイントでは、一般社団法人民泊民宿協会に賛助会加盟しており、

民泊施設を運営する皆様へ、一般社団法人民泊民宿協会が現代海上火災保険株式会社を引受先として

包括契約している賠償責任保険の適用を受ける民泊物件補償制度を提供いたします

入会資格
1)賃貸借契約の物件で宿泊施設を運営するホスト
2)自己所有物件で宿泊施設を運営するホスト件物件オーナー
3)一般社団法人民泊民宿協会が認定する賛助会員の1)及び2)のホスト

section13

下記「お申込み」ボタンからホスト様情報の入力フォームにお移りください。
一回の申込入力で10物件まで申し込みが可能です。

arrow

ご登録いただきましたメールアドレスに、弊社より振込指定口座を送付させていただきます。

arrow

会費のご入金を一般社団法人民泊民宿協会にて確認されたのち、「会員物件登録書」「会員のしおり」を会員様宛に弊社よりメールにて送らせていただきます。
これで入会手続きが完了です。

arrow

会費のご入金確認がとれた翌日が補償サービスの開始日となります。

例)
入会申し込み日 5/20(金曜日) 会費の入金確認日 5/20(金曜日) ⇒ 開始日5/21(土曜日)
入会申し込み日 5/20(金曜日) 会費の入金確認日 5/23(月曜日) ⇒ 開始日5/24(火曜日)

 

btn_1

PAGETOP
Copyright © 株式会社アクシズポイント All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.